食べれる粘土

ドイツにはこねて形を作って食べられるという粘土があるんです。

実は私この粘土でイベントをやったこともあるんですが楽しかったですが結構大変でした。結局は焼いてクッキーみたいにして食べるんです。だから焼くのが大変でした。(イベントではね)

粘土って手で触ったらそこからどうしても菌が増え出すので口にしてはいけないんです。それが基本。でもこれは焼くので大丈夫。

あんまり丸い塊だと中まで焼けないので薄い感じで作ります。

色も食べれるものを使っているから普通の粘土とはちょっと違うね。

作っている子供にとっては最後食べれるって魅力ですよね。

機会があったら試してみてね。まだ売っているかな。


特集記事